ドリームアート岩波英知脳覚醒プログラム/自己正常化プログラム徹底ガイド

(はてなブログから引越し)ドリームアートラボラトリー代表岩波英知先生の脳内・無意識訴求技術【トランス誘導技術】や、脳覚醒プログラム、自己正常化プログラム、スピリチュアル覚醒プログラムの進め方について、口コミ情報をまとめています。 飛びすぎている技術をもつ岩波英知心理脳内プログラムの徹底ガイドとしてご利用ください。

カテゴリ: Dream Art Laboratory 岩波英知先生の評価、評判、口コミ情報


初めて岩波英知先生のセミナーに参加したとき、私は正直なところ、半信半疑でした。

これは誰でもそう思わないことはないと思います。



しかし、岩波先生が代表を務めているDream Art Laboratoryの評判は非常に高く、驚きと常識外の口コミばかりでした。

その口コミはありえないと思うほどで、ネット上の多くの口コミを読んでも、私にとっては実際にどのような効果が得られるのかは未知数でした。

しかし、岩波先生が独自に開発し、世界最高レベルに育て上げた脳覚醒技術によるトランス状態誘導の効果は、私の想像をはるかに超えるものでした。



これはあなたも体験することになるでしょう。

自信を持って言えます。



なぜでしょうか?

それはDream Art Laboratoryのセミナーは岩波先生の多忙もあり、基本的に集団セッションです。

だから参加者の生の口コミがわかるわけで、半信半疑な人こそ受けたほうがいいと思えるのはそこです。


集団セッションに参加した、ネット上の評判や口コミで書かれていることは本物であり、自分の考え以上のものが起きてしまったとわかるからです。



脳と無意識、精神世界、深層心理に関する知識と技術を持つ岩波英知先生のセミナーは、まさに「革命的」『常識外れ」「とんでもなさ」でした。



ほとんどすべての人が、自分自身の限界を超える体験ができるのです。

これまで抑圧されていた感情や個性を解きほぐし、心のリミッターを解除することで、心と脳に余裕が生まれ、自己肯定感が高まります。



さらに、脳覚醒技術はただの悩み解消にとどまらず、潜在能力の覚醒にも効果を発揮します。

瞑想や気功、精神世界の分野でも、岩波先生の指導を受けることで、これまで経験したことのない深い瞑想状態やトランス状態に達することができます。



プロの方も多く受講しており、プロの中のプロが岩波先生だということでしょう。



私自身、岩波先生のセミナーを通じて、これまでの人生で経験したことのない深い変革を体感しました。

自分の力では不可能だったでしょうし、岩波先生の技術にはあまりに凄すぎて、常識外れでビビりまくりましたが、受けてよかったと心から思います。



Dream Art Laboratoryの評判が高い理由は、このように一人一人の人生を根本から変える力を持っているからこそです。

はじめて岩波英知先生のセミナーに参加することで、その凄さと効果を実感することができました。




岩波英知先生の施術効果について


岩波英知先生の施術効果について


岩波英知先生の施術(脳覚醒技術による究極のトランス状態誘導)でどのような効果が得られるのでしょうか?
先生のプログラムには非常に多くの、そして様々な目的の人が通ってきています。


 


脳と無意識と精神世界と深層心理に関しては、最強といっていい存在ですが、具体的にどのような効果が出るのでしょうか?


 


●いわゆる人が抑圧してきた、そして限界を決めてきたリミッターを外すことができます。
自分の感情や個性を妨げてきたリミッターを解きほぐし、心の抑圧を無意識下から解放させ、心と脳に余裕を与えることができます。


 


ずっと自分を抑え込んできた人は、結局どんなに努力をしても主体的に生きられず、常に生きづらさを味わい続けます。
余裕がなく、すべての努力が仇となります。
自分をコントロールできないため、いつも悪い感情に苛まれやすく、自己肯定感も承認欲求を満たせず、生きる意味を見いだせません。


 


そのリミッターがなくなるから、ものすごく楽になっていきます。
自分自身の人生の主役であるはずなのに、自分を抑え込んでしまう生き方しかできないのは、必ず事情があります。
そのルーツの部分から、過去から、トラウマから、抑圧原因から解決することができるということが、岩波先生の施術の大きな効果、柱となります。


 


●悩みだけではありません。
能力を覚醒させることもできます。
悩みが少なくても(悩みがない人なんて一人もいませんが)、必ず自分の能力が発揮されるのを妨げる「何か」が存在します。


そのストッパーを外すことができるのです。


 


だから、潜在能力があるのに発揮できない人でも、自分の能力の可能性にまざまざを味わい、そして気づくことができるのです。
だから、岩波先生のプログラムに通った人は、悩みが解決しても、もっと自分の潜在能力を発揮させようと通い続けようという人もたくさんいます。


 


●瞑想や気功や精神世界の分野でも覚醒できる。
悩みとか抑圧とか脳のリミッターとか関係なく、脳覚醒状態やトランス状態と言われる体感そのものが、究極の瞑想状態とイコールです。
TM瞑想(超越瞑想)、ヴィパッサナー瞑想、ヨガ瞑想、マインドフルネス瞑想、座禅瞑想など何十年やってきた人でも、たった一回で超越してしまうのも、課題宣伝ではありません。


 


超瞑想状態に誰でも誘導してくれますし、自分でも脳は必ず深い体感を覚えているという性質があるため、自分のイメージや呼吸法で、瞑想の達人を超える存在になれます。
コツを掴んだら、そこらへんの瞑想指導者が小さく見えるでしょう。
そもそも瞑想指導者やスピリチュアル・ヒーリングの先生が通うぐらいなので、プロ御用達の先生です。


 


とにかく脳と心理と精神に関することならば、何でもものすごい効果が発揮されます。


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 

f:id:matometomatome:20180714000416j:plain


岩波英知先生の技術は、その効果がすごすぎるため、評判も非常に高いものがあるものの、あれは失神ではないか?と、落ちこぼれてしまった人は思うそうです。


 


しかし、もし失神だとしたら、施術が1秒や2秒、いや一瞬のときもあることを考えると、失神ではありえないと思います。


 


なぜならば人はたった1秒息を止めた状態で、気絶したり失神をすぐしてしまうものでしょうか?


 


ありえません。


 


それに柔道の達人、格闘技の達人もたくさん通ってきているそうですが、決して試合中に首を絞められて落ちたことがない猛者でも、やはり同じく瞬時に意識が飛んでしまうそうです。


 


条件付がされると、言葉だけでストンッと力が抜けますし、おでこを撫でられただけで、とても心地よい脳内麻薬に包まれるような快適な心身の状態に入ります。


 


これはプログラムに参加した人なら嘘でもヤラセでもさくらでもないとわかるでしょうし、自分が受けたら違うと思うでしょう。


 


あれは失神ではなく、脳が覚醒するスイッチを岩波英知先生が発見して、長年研究し続けた超神業です。


 


そして、決して脳の覚醒状態が停滞することなく、更に深まり、長くなり、悟りに近い気づきへと発展していきます。


 


瞑想を30年やり続けた人が、瞬時に瞑想修行の成果を超えてしまったぐらい、脳が無に至らしめる常識では考えられない高度な技術です。


 


瞑想は無になることが一つの目的ですが、最初から脳を無の状態にできて、さらにそこから心の奥へと意識を潜り込ませることができるのだから、もしも怖いと思っている人がいたら、勇気を出して受けてみたほうがいいと思います。


 


その体感と言ったら、人生で最高の体感となります(呼吸法とストレッチはやるべきです。そして受けたらやり続けたら天国以上の体感になります)


 


そろそろ岩波英知先生の技術は皆等しく受けられることはなくなるそうです。


 


年齢も年齢ですし、脳と心を根底から変えたい人は今しかチャンスはありません。


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


岩波英知先生のすごさは口コミなどで周知のことだと思いますが、超越した無意識世界への誘導技術の効果から、今ではこぞって著名人が岩波英知という男を求めています。
これはどういうことかと云いますと、広く一般から募集している通いプログラム(ベーシックコース)が縮小されてしまうということです。


 


多くの方が書いているように、一般の人で受けられるのはもはや今しかないと思います。
あんまり悠長な時間は残されていないのではないかと思います。
100人に1人は岩波英知先生のあまりに凄すぎるがゆえにインパクトが絶大なプログラムに合わない人もいますが、それ以外の人は受けないまま人生を送ることはやばいことだと思います。


ましてや心の問題を解決したいとかストレスを根こそぎ無くしたい人や能力開発や自己啓発に人生をかけている人は、その絶大な効果を感じないままでいることは、どれだけもったいないことをしているのかわかりません。


 


そもそもスティーブ・ジョブズも生前に受けたがっていたほど岩波英知先生の技術は圧倒的ですが、今ではセレブや著名人が実際に岩波の奇跡を目の当たりにして、どんどん口コミで紹介してくれています。
新しく受けたセレブも知り合いに伝えたくなるほどの人生最大の体験ですから、世界中のセレブにどんどん広がっていくことは当たり前です。


f:id:matometomatome:20170529104408j:plain


そうなると岩波英知先生も現在でも多忙を極めているのに、いよいよ身動きが取れなくなります。
岩波英知先生が一般に広く提供できる技術とプログラムは次第に受けにくくなっていくでしょう。




固定観念が崩壊した衝撃の体感

私もどう考えても単純に「なんなんだこれは・・・・」「すごい」としか言えないものでした。
常識というものを持たないようになるべく生きてきた私でさえ、常識を超えた体感の前では、固定観念に凝り固まっていたことに少なからずショックを受けました。

一人の生身の人間としての感想は、言葉に表現できないものでした。
しかし、心がすごく洗われた感覚はあり、視界がすっきり楽になっていました。
医師として見解を持とうとしても、この不思議な瞑想状態は可視化できないため、とらえどころがなかったのですが、たしかにすごい感覚に全身が包まれているのでした。

前のブログで固定観念を捨ててください、と書いたのは、もしあなたが体感したものがものすごい深いものだったとしても、簡単に飛び越してしまっているからです。
ショックを受けるか、ものすごく感動するかは、やってからのお楽しみです。

ショックを受けても大丈夫です。
これからは、パワーアップした自分になれるのですから。
そして、この超瞑想状態はそれで打ち止めではありません。
どんどん進化していくのです。
前の比ではない、すごい深さと感動と気づきをもたらしながら。
そして悟りを得られる世界へと入っていきます。

瞑想を何十年も経験してきた偉いお坊さんが岩波先生の所に通って、「今までの修行は何だったんだ・・・・」と絶句してしまったとか。
私も同じ体験をしましたが、それまで瞑想のまね事に時間を費やしてしまった後悔よりも感激の方がはるかに強かったです。

やっと本物の指導者に会えた!という感動と、私が今まさに体感している超瞑想状態、脳覚醒状態のすごさ、恍惚感のほうがはるかに勝っていました。
よかったと思えるはずです。



 


blog.livedoor.jp




ブログのカテゴリー別目次です



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 




岩波先生の技術の可能性は無限にあります。
無意識処理は神経症悩みにも最適かもしれませんが、自己実現をしたい人にとっても強力な武器です。
人間にはハートがあります。ハートに火をつけることができたら、その人の可能性は無限になると思います。
私はそれを肌で実感しました。

岩波先生の暗示の世界やトランス状態というのは、究極の所非常に単純で明快です。
それは「やるのか、やらないのか」「できるのか、できないのか」そこに最終的に集約されていると思います。
悩みを悪化させてしまうのが悩むという行為(=考えること)とは対極にあります。
無意識の心を説得できるのはそういう単純で明快なものだけです。
そして強力なものじゃなくてはいけません。

それを可能にしてくれる施術を用意してくれるのが先生の心理プログラムといえるでしょう。
瞑想を追求している人も、その何十年の成果を私はもう超えてしまっていると思います。
レベルが違っているからです。
手法も脳に切れ込む力も何もかも岩波先生は別次元の人です。その元で一生懸命訓練をした人なら、皆私と同じような感想を持つことでしょう。



 


members3.jcom.home.ne.jp




ブログのカテゴリー別目次です



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 



f:id:matometomatome:20170111132848j:plain


↓たぬきさんのブログの口コミより


治療のレベルではなく魔法と言いたい。トランス呼吸法、ルーツ分析、変性意識誘導技術など
呼吸法については、マイルドなものから強烈なものまで状況に応じていろいろある。
薬は一切使わない、薬を既に飲んでいる人は徐々に減らしていって最終的に薬を断つことができる。

(日常生活へのアドバイス)

日常生活のくくりでは収まらず人生における生き様、哲学を教えてくれる。
この岩波流、生き様、哲学がかなり斬新でこれまでの自分の考え方、視野がいかに狭かったか思い知らされる。

(精神面へのアプローチ)

こちらの話も当然のことながら聞いてくれるが、それ以上に先生からの「俺こうやってやってきた!」という話を沢山してくれる。
機関銃のようにいろいろ話してくれて、自分はほとんど聞いていだけだった(笑)(汗)
ただし中身のない話では決してなく、人生の真理を鋭く突いた聞き入ってしまう内容でとても為になるし面白かった。
しかも、もっとすごいことは、その話が机上の空論で、ただ頭の表面をなぞるだけではなく、心の奥の奥、潜在意識のとてつもなく深いところで心底わかるようにしてくれるとてつもないアプローチ方法、技術をもっているのだ。その技術力がすさまじいと思えるのは、実際に先生の変性意識誘導技術を体験してみないとわからない。

 以上のように他の精神科医やカウンセラーとは何もかもが違っていて、ただただ度胆を抜かれことばかりで、大げさな言い方になるかもしれないが、真っ暗な自分の人生に感動と希望をくれたのが岩波先生だった。

 おかげ様で完全に神経症と薬とは無縁の生活を送ることが出来るようになり、うつ病神経症などは世界でも難病の類に分類されているものの、薬物療法以外にも治る方法もあり、治る事もあるんだということを身をもって体験することができたのだ。





ブログのカテゴリー別目次です



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 




岩波先生の誘導で、ありえないほど深い感覚に僕の脳から足の爪先に至るまで包まれたのです。
あきらかに前回とは違う感覚体験に、僕は驚きながらも突き抜けた感動を味わっていました。
強烈な脳が覚醒する実感!
湧き上がるモチベーション、強さ!
本能エネルギーが出てきたのか、自分のパワーに自分が驚き、頼もしく思いました。

「これか、これが皆が言っていたすごいことなんだ!」
体感してはじめて、絶賛している人が皆一致して言っていた言葉が真実だったことに気づきました。
脳の重苦しい蓋が二枚も三枚もパカっと外れて、宇宙の意識といいますか、これぞ「覚醒」状態というすごい感覚に打ちひしがれました。

その後もやるごとに脳覚醒状態は深まっていきます。
脳の体感には終わりが無いようです。
潜在意識の世界に入り込むことの難しさをあれだけ感じていた僕ですら、岩波先生の技術によって、簡単にそれも深く入ることができるようになり、人間の脳力の一番深い部分を刺激できるため、自己啓発セミナーの1万倍は効果がありました。

また感情が豊かな世界に浸ることができます。
自己啓発セミナーでの無理矢理な「感情世界」と違って、自発的に湧き出てくる豊かな感情が僕を包んでくれる、そんな安心感と頼もしさがありました。
さらに五感がフルに刺激されるため、一番仕事で大切となる直感力も磨かれました。
理性が排除された状態だからこそ、感覚がむき出しになって、研ぎ澄ませることができるのだと思います。

脳覚醒状態が深まると、絶対感が芽生えてきました。
絶対感とは「他人との能力や個性の比較ではなく、自分の能力や個性こそが絶対的」という感覚です。
そこに弱さや頼りなさは微塵もなく、自分主体で、ぶれない強固な精神状態です。
しかも、絶対感というだけあって、何が起きても微動だにしない、そういうたくましさも身についてきました。

脳覚醒状態を味わっているとき、本当に幸せな状態です。
究極のリラックス感を味わいながら、絶対感、強さ、パワーにみなぎる自分がいました。
無敵の状態を人生で初めて僕は実感したのです。
今まで崖っぷちの綱渡りのような会社での立場だったため、この感覚を味わえたことが、これから先自分が強くたくましく変わっていくエネルギーになっています。
強烈なモチベーションも付随するし、また感情だけが先走る不安定な精神状態ではなく、深く静かに僕の心に定着している、そんな実感がありました。



 


pocketpod.hatenadiary.jp




ブログのカテゴリー別目次です



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 




キャラクターはめっぽう明るく破天荒で豪快で、それでいて脳や心理面に関する技術的取り組みへの執念と繊細さを持ち合わせた、特別天然記念物、いやいや国宝級のそれを持ってます

自己主張をしっかりしながらも潤滑油を流し、人をいじり・・・通ってくる人も例外ではありません(笑)・・・笑いの種を教室中に振りまいています

女性にはモテナイとご本人は言ってますが、かなりモテるタイプです(笑)

会話の反射神経がとっても鋭いので、こちらが一を話すと瞬時に十を理解して、ポンと返してきます

まぁ、ときにはマイナス10を返してくる時もあるので、そこは気分屋だと思います

つまり、あまりに先生が先走って、頓珍漢な方向に話が言ってしまうってことです・・・

あとはせっかちなタイプですが、逆に気長に人の話を聞くこともあり、そこは統一されていません

まさに気分屋の本領発揮ですが、そういうところに通っている人は振り回されないようにしましょう(笑)

知恵を使うタイプよりも感覚的なタイプです

でも実際知恵はあると思いますよ(笑)

わたしが通っていた時よりも現在はかなり技術的進化が成されているといいます

先生が言うには感覚の部分だと言っていますが、もう首を触らずとも、人をトランス状態の更に深い世界に連れて行ってくれます

そしてわたしも経験したけれど、まろやかなトランス誘導も取り入れて、そちらのほうがより深い感情コントロールと抑圧処理がしやすくなると言ってました

もちろん昔のようにインパクトタイプのトランス誘導もできるので、人によって使い分けているようですね

最初にトランスを深め、マイナスの処理、最悪な場面集を思い浮かべ心理的負担を取り除き(トランス状態が深まらないとそれはやってはダメ!)、心の抑圧を解放させ、マイナスへの執着がなくなってきた時に、プラス暗示を入れ込むという方法になっています

そして私も経験したことだけど、トランスが深まると(それこそ感情コントロールができるくらいの深さ)、色々な気づきが自動的に成されていきます

悩んできた流れ、悩んで当然だという受け入れ→肯定感、私に必要なこと、足りなかったことなどに気づかされます



xn--l8jua0qe3518e9ll.seesaa.net







ブログのカテゴリー別目次です



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


ここからはネット上でのプログラムの評価について引用しています。

沢山の人が書いてあるのですべて載せたいのですが、とてもおさまりきれません。

f:id:matometomatome:20170111124840j:plain




トランス状態とはいろいろな定義もあるかと思うが、理性や知恵のさらに奥のもっと深い本能の部分、つまり情動を司る部位が非常に活性化していて、無意識の扉が開く状態と言い換えたい。
その時の体感は数多くの人が体験記で書いているけれど、訓練・条件付けが進めば進むほど、日常生活では決して味わえない次元の感動の世界に入り、その時の劇的な効果は驚くべきことだ。
筆舌に尽くしがたい感激と生命的な喜びと共に、トラウマ消化ができるため、非常に心が洗われるようになる。

この時の心の洗われ具合のすっきりさは、体感した人にしかわからないだろう。
人は生きていくとたくさんの苦労とストレスと抑圧を溜めこんでいくが、そのはけ口を持たない人や、それが下手な性格の人間は、もろに悩みを何倍にもしてかぶってしまう。
そして精神的にも、肉体的にもおかしくなる。
結局、病気の一番の要因は、ストレスや緊張による体の硬直や内臓への負荷だ。
それほどまでに、心の毒は肉体までも蝕んでいく。

かつて私は肉体的にも精神的にも緩みを持たぬものは早死しやすいと書いたけれど、ストレスに強い人間にならないと、いくら健康オタクをやっても結局、健康オタクの生活すらストレスを感じてしまう悪循環に入り込んでしまう。
だから、心の浄化が必要だ。

私が岩波先生にお世話になった時、心の浄化でどれだけ日々日常のストレス負荷が軽減したかわからない。
ギリギリだった私の精神的な余裕の無さ(ストレスで覆われていた心)を、トランス状態で高度で別次元のくつろぎを味わうことで、もたせることができた。
だから、トランス状態(脳覚醒状態)は日々を生き抜く糧にもなる。

もちろん根本的な抑圧処理や建設的暗示を入れ込むこともできる。
どちらにしても、トランス状態を深めることが、細かい悩みの対処法よりも一番の早道だったりする。
人は日常の精神状態では決して変わらない。
何かエポックメイキングな出来事に直面しないと変わりようがない。
劇的なものじゃないと、心も脳も作動してくれないからだ。

岩波先生のホームページに、『無意識にメスを入れ込む』という表現があったが、それはまさに適語だと思う。
物理的メスではない、精神的メスだ。
ただしこのメスを自由自在に扱えるのは、日本には一人しかいないと思う。
無意識にメスなんて普通は入れられない。
無意識の扉が開かないと扱えないからだ。

だからこそ、トランス状態がここでも必要になる。

理屈を超えた究極に感覚だけの世界。
時にはドロドロした抑圧・トラウマ・心の傷が出てくる。
だが、それを取り除いていかないと、つねに顕在意識で悪さをするのだ。
言い知れぬ不安感や倦怠感や絶望感や焦燥感、それらはすべて無意識の抑圧が悪さして起こるものだ。
それを一度顕在化し、引っ張り出して、メスで切れ込み、病巣を取り除く。

これにより、私は日々の言い知れぬ不安感や孤独感が薄らいでいって、建設的な思考を取り込める余裕のある脳になることができたと思う。
人間の無意識の深淵をのぞける状態、それがトランス状態(脳覚醒状態)とも言えるだろう。



 


blackjack7777.blog102.fc2.com




ブログのカテゴリー別目次です



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


f:id:matometomatome:20170111124348j:plain


まずは管理人の私の感想です。

 


皆さんは、岩波先生の脳覚醒トランス技術やトランス誘導技術のことを神業などと絶賛しています。そしてその実際の効果も手放しで褒めています。

 


そりゃあ実際に症状に効果が上がって、解決不可能だった悩みが解消していく経験をしたのならば、多くの人がそうなると思います。

 


ただしそれ一辺倒だと、私を含め先生の技術と効果を実感した人なら理解できることですが、部外者の人にとっては、ちょっと引いてしまう要因もあるのではないかなと思います。

 


私も本当に凄いと思います。でも、先生の凄さは技術やその鬼才ぶりにあるだけではないと思うのです。

 


まず岩波先生の言葉・講演集に見られるように、ぶれない人生哲学を先生は持っています。

 


理論的にも、哲学的にも、成功の法則的にも、先生はすごい考えを構築しています。

 


それも人から教えられたものではなく、先生独自の生き方や発想で人生を送ってきて、そこからたくさんの修羅場をくぐってきたという人生経験が、私の心に何より響きました。

 


どういう思考、発想をして生きているのかは、岩波先生の言葉・講演集を何度も読み返すとわかってくると思います。

 


一部、わかりにくところもありますし、先生独自の言い回し、単語があるので、すべて把握できるかどうかわかりませんが、先生は考えが全くぶれないため、何度も同じ言葉を呼んでいると、より深くその言葉が理解できるようになるのです。

 


今呼んでいる文章が、一ヶ月後、もっとその深い意味がわかっているように、その時の読み手の位置によって、解釈も理解力もまったく変わってくると思います。

変化するのはとても良い兆候です。

なぜなら、よりよい方向に変わっているということですから。

 


これは先生の著書についても同じことです(こちらはぜひプログラムに参加してから読んだほうがいいと思います)

 


しっかりとした理論の構築で、それが借り物ではない言葉だから、岩波先生を支持する人は多いのだと思います。

 


その上で、あの鬼才っぷりです。

 


理論もしっかりしていながら、少しも理屈っぽくなく、生きた経験則をそのまま教えてくれる上に、無意識、潜在意識に植え込める技術

 


この二つが合わさってはじめて、カリスマ岩波英知という存在があるのだと私は思います。

 


技術とその体感だけ先走りがちですが、しっかりこちらも評価して始めて、人間岩波英知という存在がわかるのだと私は思います。



ブログのカテゴリー別目次です



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


↑このページのトップヘ