ドリームアート岩波英知脳覚醒プログラム/自己正常化プログラム徹底ガイド

(はてなブログから引越し)ドリームアートラボラトリー代表岩波英知先生の脳内・無意識訴求技術【トランス誘導技術】や、脳覚醒プログラム、自己正常化プログラム、スピリチュアル覚醒プログラムの進め方について、口コミ情報をまとめています。 飛びすぎている技術をもつ岩波英知心理脳内プログラムの徹底ガイドとしてご利用ください。

July 2018

カテゴリ別の目次となります。
他の記事やカテゴリに生きたい方は画像下のリンクをクリックしてください。岩波英知心理脳内プログラムの評判と感想をまとめたブログ


ブログのカテゴリー別の目次です。


お読みになりたい記事をクリックしてください



  1. 岩波英知先生のプログラムの特徴

  2. 岩波英知先生のプログラムの評価、評判、感想

  3. プログラムの欠点、及び誤解を受ける点

  4. 岩波英知先生のプログラムの効果を上げるコツ

  5. 参考にしたサイト・ブログ集

  6. 岩波英知先生脳覚醒技術体験記リンク

  7. カテゴリー別目次


f:id:matometomatome:20180720000312j:plain


岩波英知先生についての口コミや評判や体験談を書いているブログやSNSを調べてみました。


こちらも読まれると、あの目に見えないし、手に取れないけれど、圧倒的な効果と実感のすごさと手に取れるほどの体感について、(体験しないとわかりませんが)ある程度はうかがい知ることができると思います。


 


largeworld.myjournal.jp


taikendan.hatenadiary.jp


brainsurgeon.hatenadiary.com


dreamscometrue27.hateblo.jp


deepinmeditation.sblo.jp


so-mata.blog.so-net.ne.jp


以上です。


これからも岩波英知先生についての口コミや評判、効果の有無や体験談について見つけましたら、リンクしていきたいと思います。


 


目次です↓ 


matometomatome.hatenablog.com


 


f:id:matometomatome:20180714000416j:plain


岩波英知先生の技術は、その効果がすごすぎるため、評判も非常に高いものがあるものの、あれは失神ではないか?と、落ちこぼれてしまった人は思うそうです。


 


しかし、もし失神だとしたら、施術が1秒や2秒、いや一瞬のときもあることを考えると、失神ではありえないと思います。


 


なぜならば人はたった1秒息を止めた状態で、気絶したり失神をすぐしてしまうものでしょうか?


 


ありえません。


 


それに柔道の達人、格闘技の達人もたくさん通ってきているそうですが、決して試合中に首を絞められて落ちたことがない猛者でも、やはり同じく瞬時に意識が飛んでしまうそうです。


 


条件付がされると、言葉だけでストンッと力が抜けますし、おでこを撫でられただけで、とても心地よい脳内麻薬に包まれるような快適な心身の状態に入ります。


 


これはプログラムに参加した人なら嘘でもヤラセでもさくらでもないとわかるでしょうし、自分が受けたら違うと思うでしょう。


 


あれは失神ではなく、脳が覚醒するスイッチを岩波英知先生が発見して、長年研究し続けた超神業です。


 


そして、決して脳の覚醒状態が停滞することなく、更に深まり、長くなり、悟りに近い気づきへと発展していきます。


 


瞑想を30年やり続けた人が、瞬時に瞑想修行の成果を超えてしまったぐらい、脳が無に至らしめる常識では考えられない高度な技術です。


 


瞑想は無になることが一つの目的ですが、最初から脳を無の状態にできて、さらにそこから心の奥へと意識を潜り込ませることができるのだから、もしも怖いと思っている人がいたら、勇気を出して受けてみたほうがいいと思います。


 


その体感と言ったら、人生で最高の体感となります(呼吸法とストレッチはやるべきです。そして受けたらやり続けたら天国以上の体感になります)


 


そろそろ岩波英知先生の技術は皆等しく受けられることはなくなるそうです。


 


年齢も年齢ですし、脳と心を根底から変えたい人は今しかチャンスはありません。


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


matometomatome.hatenablog.com


 


 


↑このページのトップヘ