ドリームアート岩波英知の脳覚醒プログラムなどを受ける際の注意点、効果を上げるコツなど


岩波英知先生のプログラムを受ける際の心構え、注意点について


ドリームアートラボラトリーの岩波英知先生のプログラムを受ける際の心構え、注意点について書きたいと思います。


 


まずは常識ではありえないことが自分の身に起こります。
嬉しい衝撃、想像外の極致、狐に包まれた感覚、圧倒されて空恐ろしくなるほどの威力、とてつもない感動と感激…これらをまず覚悟するといいと思います。


 


常識を捨てて下さい。
自分の固定観念を一旦外においておきましょう。
そして、岩波先生の誘導技術を受ける時は、理性を使わずただひたすら指示に従えばいいです。
難しいことはありません。


 


自分が誘導される前に、他の方々が誘導されることを目にすると思います。
でも、そこでもありのまま現実を受け止めましょう。
自分も必ず確実にそうなりますが、まだまだわからないことだらけでびっくりします。
それすらも受け入れることです。


 


何ら演技もサクラもやらせもありません。
本物です。
だからこそ信じられません。


 


岩波英知先生のことを鬼才だの天才だの脳の魔術師だのと評価する人は多いですが、これらはすべて当てはまっていますが、それでも想像を遥かに超えてしまう事が起きます。


 


衝撃を受けないで下さい。
そういうものなんだと受け止め、自分もそうなるんだということだけ確信してみて下さい。
怯えることもびっくりすることもありません。


岩波先生が誘導した脳覚醒状態と言われる究極のトランス状態は、最初はびっくりするかもしれませんが、次第にとてつもない究極の幸福感やリラックス感をもたらしてくれます。
それもあるがまま受け止めて、理性を使わず自分の感覚に身を委ねるといいと思います。
つまり、力む必要はありません。
ずっとそのままであることはないので、心配しないで下さい。


 


あるいはものすごい悲しい感情が突き上げてくるかもしれません。


ときには思わず笑いたくなるぐらい歓びの感情に満ち溢れるかもしれません。


感情のまま、その流れに乗りましょう。


 


悩みを抱えてきた人は抑圧が出てきたら、そのまま開放させて下さい。


無理に抑え込むこともありません。


 


明確なプラスの目的(例えばお金持ちになれる脳になりたい、能力を開発したい、瞑想状態を極めたいなど)の人は、浮かんできた思考、湧き上がるモティベーションを沸々と感じるだけでいいです。


 


理性を使って状況判断せずに、自分でも感覚を開放してみてください。
自分の殻が破れる一線を越えていくと思います。


 


そして、余韻に浸って下さい。
脳覚醒状態後の余韻は、魔法の時間です。
思ったことが無意識、潜在意識に浸透していってくれます。
そして様々な気付きや発見がポンポンと生まれでてきます。


 


そこで無理に起きようとか理性を使ってなにかしようとすることはもったいないです。
いずれにしても、脳覚醒状態には誰もが入れるようになりますので、焦らずやりましょう。